少食、プチ断食で健康を目指そう!

過敏性腸症候群(IBS)を、プチ断食や小食で治しました。自らの経験から、食べない健康法について情報をまとめています


▼まず読んでほしい!お勧め記事3選▼
1.プチ断食で過敏性腸症候群が治った時の話。食べない、というシンプルな健康法
2.食べ過ぎると余計におなかが空く事実。マンガでわかる西式甲田療法&おすすめダイエットマンガ
3.何を食べたら健康になれる?ウエスト100㎝だった私が提案する、健康食の4つの方法

リラックス過多で体調悪化!?マンガでやさしく学べる本「病気にならない免疫学」安保 徹

f:id:megumakou2014:20150729113054j:plain

今日は健康管理についてのお話です。 

仕事を辞めたら体調悪化

2015年7月から、パートの仕事をやめてブログを専業にしています。以前の仕事は通勤を含め、一日3時間ほど体を動かしていました。ブログを書く作業は、基本的にデスクワークなので運動不足になります。

最近、どうも体調が悪くなってきたのです。食事には気を付けていたのですが、どうも喉が苦しくて、アレルギー症状の喘息が出てきてしまいました。

喘息経験者はわかると思いますが、喘息は常に息苦しく辛いものですので、これはまずい・・と思いました。そんな中調べているうちに、たぶん環境の変化で、自律神経のバランスが崩れた事に気づきました。 参考にしたのはこちらの本です。

マンガで教えて安保教授!病気にならない免疫学

安保 徹 マキノ出版 2010-09-15
売り上げランキング : 153735
by ヨメレバ

 免疫学で有名な安保徹先生が免疫学をやさしく解説した本です。全編マンガなので、とても読みやすくさらっと学べる本でした^^では以下解説します。

自律神経が、体のバランスをいつも保ってくれている

私たちの体は、手足を動かすことはできても内臓を動かすことはできません。「自律神経」が、脳の指令を受けずに、状況や環境に応じて、体内のいろいろな機能を自動調節してくれています。

例えば、心臓や胃腸を動かし、消化液を出し、ホルモンを分泌したり・・内臓の機能は幅広くあり、それらは常にコントロールされています。

で、自律神経には二つの系統がありまして

・交感神経(細胞を興奮させる)

・副交感神経(細胞を休息させる)

この2つのバランスを自律神経がコントロールしています。

それぞれの役割は、下の図参照です。

f:id:megumakou2014:20150729102545j:plain

交感神経が優位になると、肺にある気管支は拡張し、血管は収縮し、胃腸の働きは抑えられます。活動的に動く日中はこちらがメインです。逆に、副交感神経が優位になると、気管支は収縮、血管は拡張、胃腸の働きはスムーズになります。夜のリラックスタイムはこちらが優勢です。

ちなみに、食事をしたり、お茶を飲んだりすると副交感神経が優位になるので、神経の緊張がやわらぎ、ストレス解消になるとのこと。 

現代人は、自律神経のバランスを崩しやすい環境

上記の、交感神経と副交感神経の2つの系統があり、普通に調節されていれば問題はないのですが、現代人はストレス過多のためにバランスが崩れやすくなっています。

ストレスにさらされる状態が長く続き、交感神経が緊張し、頭痛、不眠、胃痛などの症状が現れます。この本のイラストレーターの赤石キョウコさんも、人間関係のトラブルから潰瘍性大腸炎になったとのこと。

しかし逆に、リラックス過剰の生き方による自律神経の乱れも増加中なのです!

f:id:megumakou2014:20150729102532j:plain

上のイラストに書いてありますが

過食・運動不足・冷暖房に守られた刺激不足により、副交感神経が活発になり過ぎて体調を崩すとのこと。食べている時は副交感神経が活性化しているので、常時食べている人は、副交感神経を酷使しているかも・・って私のこと!食事回数多い!(笑)少食だけどちょこちょこ食べてしまう。 

解決策は、運動をして交感神経を働かせること

食事については、日々の食事を控えることはもちろんですが、身体面では、体に適度な負荷を与えることも大事です。運動をすることで、交感神経を活発にさせましょう。具体的なアドバイスは、「一日30分の散歩と、ラジオ体操」とのことです。

f:id:megumakou2014:20150729102555j:plain

歩くだけでは上半身の筋肉は鍛えられないから、全身運動のラジオ体操を組み合わせるとのこと。運動不足を感じる方はお子さんに交じってラジオ体操されるのも良いですね!

さらに、主婦に嬉しいアドバイスとして、「家事」を勧めています。

f:id:megumakou2014:20150729102518j:plain

上の図にありますが、全身を使って家事をするので「雑巾がけ」が最高と説明されています。一生懸命拭き掃除をすることで、上半身全体の筋肉が鍛えられるとのこと!!これは家がキレイになって一石二鳥!掃除嫌いの私に、新たなメリットが加わりました!

まとめ

・自律神経は、内臓の働きをすべてコントロールしているが、現代人は崩れがち

・緊張させる交感神経、リラックスさせる副交感神経の2種類があり、副交感神経にバランスが傾きすぎて病気になることも。食べ過ぎ、運動不足、刺激不足・・。

・解決策は、30分の散歩と、上半身を動かすラジオ体操。または雑巾がけのような家事。

マンガで教えて安保教授!病気にならない免疫学

安保 徹 マキノ出版 2010-09-15
売り上げランキング : 153735
by ヨメレバ

 

私のように、ちょこちょこ食べ過ぎる方、運動不足の方がいましたら、これを機会に運動してみませんか?

私は早朝散歩を取り入れました。カメラをもって外を歩くのは気持ち良いですし、ブログのネタ探しにもなり一石二鳥です(笑)。自分へのご褒美に、カフェでお茶をしても楽しそうです^^今日も健康に気持ちよく過ごしましょう!

(この記事は2015年7月に書かれたものを加筆・訂正しました) 

自己紹介

あらためて、自己紹介。 - ミニマリストは世界を変える!