読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少食、プチ断食で健康を目指そう!

過敏性腸症候群(IBS)を、プチ断食や小食で治しました。自らの経験から、食べない健康法について情報をまとめています


▼まず読んでほしい!お勧め記事3選▼
1.プチ断食で過敏性腸症候群が治った時の話。食べない、というシンプルな健康法
2.食べ過ぎると余計におなかが空く事実。マンガでわかる西式甲田療法&おすすめダイエットマンガ
3.何を食べたら健康になれる?ウエスト100㎝だった私が提案する、健康食の4つの方法

悩みはジェットコースターに5回乗れば改善します。奥谷まゆみ流・新しい心の健康法は?

整体師が書いた”新しい”心の健康本

奥谷まゆみさんの「おんなみち」を読みました。 著者は、整体師として沢山の女性を見てきた経験をもとに、身体とはこういうもの!というメッセージがざっくばらんに書かれています。「エネルギーが余ると人は悩む」という新しい理論は目からウロコでした!今日はこちらをご紹介します。 

手っ取り早くエネルギーを抜いてくれるのが、 悩んだり、怖がったり、不安を持つことなんだよ。例えばパニック障害、過換気症候群、産後うつ・・症状はいろいろだけど、 みんなに共通するのは余剰エネルギーがすごいってこと。~中略~

なぜエネルギーが余っていると心のトラブルが起こりやすいのか。 それは、不安や恐怖心はエネルギーを消耗させてくれるからなんだよ。 だから、エネルギーが余ってくると、無意識のうちに不安や恐怖心を 持てることに心がフォーカスしていくんだ。 

現代医学では説明できないことですが、身体の中に”エネルギー”が余ってくると、それを何とか消費しようとして無意識に不安や恐怖を感じたくなるようです。ホラーやバンジージャンプがはやったり、残虐なビデオやサイトが 増えているのは、それだけ現代社会にエネルギーが 余っている結果?? 

ジェットコースターに乗るという処方箋

〜中略〜 実際きらくかん(著者の経営する整体院)でも、心のトラブルのある 余剰エネルギーいっぱいの人に 「できるだけ怖いジェットコースターに最低でも連続して5回乗って下さい」 なんて宿題を出すことがある。

そうすると、「死がアタマから離れません」なんて言ってた人が 「そんなこと、ちぃーっとも考えられなくなりました♪」って元気になってることが よくあるんだよ。

本当に効果があるのがすごい!ジェットコースターで刺激を注入したら、その他の悩みがどうでもよくなるんですね!画期的すぎる・・。

暇になると、つい悪い方に考えたり必要以上に悩んだりしがち 自分の経験に照らし合わせても納得です。また。暇な主婦ほど不幸なニュースを見て怒ったり悲しんだり、また火曜サスペンス劇場のようなドキドキ感のあるものを好みますね。

悩みたいから悩んでいる 

また「悩む」というのも同じことで、余剰エネルギーの発散に とても有効な行動なんだ。 悩むっていうのは問題があるから悩むんじゃなくて、悩みたいから悩んでいるんだよ。

その悩みが解消しても、また次の悩みネタを見つけては悩むんだ。 そして悩みネタは、わざわざ解消しづらい、答えのでないようなネタを選んでいる。

このカラクリに気づいて以来、心理療法なんて何のために やってたんだろ〜って腰がぬけちゃったよ。

なるほど! 確かに悩みがちな人は、充分幸せな環境でも些細なことで悩んでいる、ということありませんか?悩みに環境は関係なく、実はエネルギーが余っているだけ という話。

ならば、カウンセリングとジェットコースター治療があれば、もう精神科医も薬も必要無なくなるのでは? 刺激のある毎日を送れば全て解決してしまう。自分の心のコントロールにも役立ちそうな、画期的な本でした。

(この記事は2014年9月に書いた記事を修正加筆しました)

奥谷まゆみさんのこちらの記事もおすすめ▼

【書評:クタクタ☆ハッピー】便利な時代が病気を招く。健康になるシンプルな方法がわかる本。

自己紹介してみました▼

あらためて、自己紹介。 - ミニマリストは世界を変える!