自分の健康は自分で守る!効果のあった健康法・治療法を紹介するブログ

自らの経験から、効果のあった健康法や治療法についてまとめます。過敏性腸症候群、聴覚過敏、耳鳴りなど。


▼まず読んでほしい!お勧め記事3選▼
1.プチ断食で過敏性腸症候群が治った時の話。食べない、というシンプルな健康法
2.食べ過ぎると余計におなかが空く事実。マンガでわかる西式甲田療法&おすすめダイエットマンガ
3.何を食べたら健康になれる?ウエスト100㎝だった私が提案する、健康食の4つの方法

朝食は定型化し、体調管理と時間節約に。お勧めのヘルシーおやつも紹介。

スポンサーリンク

(※この記事は2015年2月に書いたものを加筆・修正しました)

朝食を定型化しています。

朝食はいつもホームベーカリーで焼いたパン半分と果物です。果物は季節のものを食べているので、今はりんごか、ミカン2個くらい。たまにキウイやバナナになったりします。

毎日同じものを食べることで、朝食何を食べようかな、と考える時間を減らし

体調を一定に保つことができます。

イチロー選手が毎日カレーを食べるのと同じですね(^^)

 最近、間食(おやつ)も定型化してみたら、体調も、便通も良くなったので記事にしてみます。 

おやつは干柿と干芋

間食には、干柿を食べています。

栄養面では、干柿は柿を干したものなので果物の栄養がそのまま詰まっています。

食物繊維が豊富なので腸のお掃除にもってこい!

毎日2個食べているととっても便通が良いんです

ここ大事! 

市販のものを買うと結構高いので、インターネットで、お徳用を購入しています。キレイに包装されたものはお高いので、私が注文するのは徳用の大きな袋にバーンと入ったもの。家で食べるなら、充分です。

干芋も食べています。干し芋も食物繊維が豊富で便通に良く、実は疲労回復に良いビタミンB1も、ビタミンCも含んでますし意外にお役立ちなんです。

そして、砂糖で煮たのかと思うほどの甘さですが100%、素材の甘味です。秋に収穫したさつま芋を冬まで保管して熟成させゆっくり蒸して、一週間以上干すとあの甘さになるようです。

参考:ほしいも百科事典 ほしいも情報満載の干し芋情報サイト:よくあるご質問

市販のお菓子は、砂糖や油分を使っており気になりますが、素材そのものを食べることで、病気のリスクを回避しています。たまに食べる程度なら良いでしょうが、普段のおやつは安全なものを食べたいですよね。

例えば

健康のために間食辞めようとか、ダイエット中はおやつ禁止!としてしまうと長続きしないのです。我慢は、いつか限界が来ます。それよりは上手に適度に食べましょう。体に良いもので、好きなものを準備しておいて食べるとストレスを貯めずに管理しやすい。体にも、ココロにも負担をかけない良い方法と思います。

本当は、間食をしないのがベストなんですけれど・・お腹が弱くて、一度に沢山は食べられず、すぐお腹空いてしまうので、少量づつ食べたいんですよね。。 

飲み物は、甘い香りで癒されるフレーバーティ

コーヒーが大好きなのですが飲みすぎてしまうので紅茶にしています。ハーブティがノンカフェインで体に良いとわかっていますハーブティはまずくて飲めません。過去、何回か試したけどやっぱりダメ。苦行か?これって草?みたいな。

フレーバーティだと香りで満たされるので多種類のフレーバーを揃えて、選んで飲んでいます。お勧めは、香りが良くお手軽価格のアーマッドのシリーズ。

一番好きなのは、 ストロベリーです。甘~い香りに、すごく癒されますよ♪干芋との相性はイマイチですが(笑)

f:id:megumakou2014:20151229065343j:plain

 皆さんのお勧めのフレーバーティありますか?香りが良いお茶あれば、ぜひぜひ情報お待ちしています(^^)

 

無印良品のこちらも飲みやすいです▼

lohaco.jp

まとめ

・間食の定型化で、体調管理できる。考える手間もなくストレス減。

・干柿、干芋は天然素材、繊維が多く便通に良い

・好きなものを食べることで、ストレスを溜めない

・香りのよいフレーバーティでリラックス